HOME>Review>タクシードライバーへの転職をする前にしておくといいこと

タクシードライバーへの転職をする前にしておくといいこと

運転手

タクシードライバーの求人を探す前にタクシードライバーの求人応募に関するアドバイスを読んでおきましょう。ここでは、タクシードライバー経験者のアドバイスがまとめられています。

口コミ一覧

就職相談会に参加したほうがいい【30代 男性】

30代にして同期入社との差が大きく開いてしまい、この会社での未来が見えなくなりました。平社員で定年まで勤められる可能性はありますが、40代や50代になってから早期退職を迫られるイメージが大きかったです。そのため、これからのサラリーマン生活を真剣に検討しまして、転職した方が良いという結論を出しました。転職活動中は多くの企業を知りたかったので、就職相談会に参加してみました。そこで、東京のタクシー会社の人事担当者から説明を受け、魅力的だったので採用試験を受けました。結果、採用してもらえたので東京でタクシードライバーとしてサラリーマン生活を過ごしています。就職相談会は良いきっかけになるので、転職したい人は参加する価値があるでしょう。

ドライバーに向いている人の特徴を知っておくべきだね【50代 女性】

休日は車の運転をしてドライブや買い物に出かけていました。東京でOLとして働く中で車の運転はとても良い息抜きになっており、仕事を頑張るやりがいの1つにもなっていました。しかし、40代の時にふと車の運転が好きなら仕事にすれば良いことに気付き、トラックやバスの運転手かタクシードライバーに転職することにしました。トラックやバスは大型者なので、慣れているサイズで良いタクシードライバーで転職先を探し、採用されて今は50代の女性タクシードライバーとして働いています。仕事をする中でタクシードライバーに向いていると感じる人の特徴は、安全運転で冷静に対処できることです。運転が上手いことは重要ですが、それよりもお客様を乗せるので安全運転第一なので、どのような状況でも冷静に対処できるタイプは向いています。