HOME>Review>タクシードライバーの年収は努力次第であがる!?~ドライバーの声~

タクシードライバーの年収は努力次第であがる!?~ドライバーの声~

模型

タクシードライバーとして活躍するためにはある程度の知識とコツが必要になります。年収をさらにあげるために、タクシードライバーとして活躍するためのコツは今のうちに学んでおきましょう。

口コミ一覧

客待ちのコツを身につけて年収アップに成功【40代 男性】

40代のサラリーマンは会社で主力となるべき存在ですが、自分は能力や実績がイマイチだったので主力にはなれず、存在価値を見出せなかったです。しかし、40代のサラリーマンの転職は難しいですし、家族がいるので転職は難しいと考えていましたが、タクシーに乗車した時に乗務員募集の広告を見たことがきっかけとなり、タクシードライバーへと転職しました。未経験のタクシードライバーへと転職した理由はマイペースで仕事に取り組めるので、周囲と自分を比べずに済むと感じたからです。しかし、未経験で運転が上手いわけではなかったですし、接客も初めてだったので転職した頃の年収は厳しかったです。しかし、少しずつ仕事に慣れ、客待ちのコツを身に付けられたことで、年収アップに成功しました。

地理の知識を身につけて仕事の成績も年収もあがった【50代 男性】

出世の道から外れながらも肩を叩かれることはなかったので、定年まで乗り切れると考えていました。しかし、50代を過ぎた頃、会社が早期退職制度を導入しまして、能力や実績に対して給与が高かった自覚があったので、辞めざるを得ない状況になりました。次のキャリアといっても50代のサラリーマンなので厳しさを感じていました。それでも、まだ子供は学生で養わなければならないので仕事を探した結果、タクシードライバーで働くことにしました。年収は結構下がりましたが、同僚と自分を比べることはなくなり、肩身の狭い感覚はなくなりました。しかし、年収が下がったので何とかしなければなりません。そのため、顧客を見つけやすい場所を探したり、地理の知識を身に付けたりするなど努力した結果、仕事の成績と年収の両方がアップしました。