>イチオシ情報>英語が話せるならそのスキルを活かせる貿易事務へ転職を

英語が話せるならそのスキルを活かせる貿易事務へ転職を

模型

学生時代に、英語に相当打ち込んだ方は、結構多いのではないでしょうか。でも、その英語、仕事で使っていますか。日本にいて、英語を存分に使う仕事というのは限られています。通訳や翻訳などの仕事もありますが、それは自由業や副業などの特殊なビジネス形態になってしまいます。語学力が活かせる一般的な仕事といえば、まずは貿易事務でしょう。もし、自分の語学力に自信があるのに、それをまるで使うチャンスが無いまま埋もれていることに、少しでもストレスを感じているのならば、貿易事務の仕事にトライしてみることをお勧めします。貿易事務の仕事ならば、顧客は全て海外の方ですから、日々、英語を駆使していかなくてはなりません。自分の強みを活かさないままにしておくのは勿体ないことです。それを使って輝ける世界に移りましょう。

貿易事務というのは、どういう仕事なのでしょうか。簡単に言えば、海外の取引相手と商売を進めていく仕事です。海外に販売するばかりではなくて、海外から買い付ける仕事も貿易事務の中に入ります。実際にすることは、まず、注文を取る、若しくは発注をすることから始まります。その為には、英語のメールで海外の取引相手と商品の確認や取引条件の調整を行います。次は、商品の輸出、又は輸入をします。この時には、物流会社や保険会社に手配を掛けるとともに、取引相手には日程などの、手配状況を逐一連絡していきます。そして最後は、インボイスやB/L等の物流関連書類の送付を行います。この輸出入を手配する段階では、台風で日程通りに船が出港できなくなってしまった等の、緊急事態が起こることも多いので、国際電話で取引相手に連絡することがしばしば出てきます。最後は、送金、若しくは代金回収になります。ここでは、取引先と送金日程の調整と手配状況の確認をしながら、取引銀行に、送金を依頼する、若しくは入金の確認を行います。以上が貿易事務の一連の流れですが、その際、取引相手との連絡も、また、必要書類一切も、全て英語が使われます。

物流